支払いのおおまかなスケジュール

●支払いは現場の進行に合わせて

皆さんこんにちは、五十嵐です。

家を建てるときには、

住宅会社にどの時点でどれくらいのお金を支払うのか、

資金を準備する都合上、きちんと知っておきたいものです。

 

工事代金の支払時期は、会社によってさまざまですが、

一般的には契約時に10%、着工時に30%、上棟時に30%、完成引き渡し時に30%(残金)

というケースが多く、支払回数は、おおむね3~5回です。

 

これらはあくまでも目安ですが、トラブルを避けるためには、

現場の進行に即した支払いを心がけておくと良いでしょう。

 

住宅会社に多額の工事代金(契約金など)を前払いしたり、

実際の現場の進捗状況に合わない代金を支払っていたところ、

その住宅会社が倒産してしまったという例もあるのです。

たとえ現金に余裕がある場合でも、

先に支払いをし過ぎないように注意してください。

 

 

【工事代金などの支払いスケジュール】

業者の決定

⇓   契約金支払(10%)、地盤調査費用

ローンの申し込み

⇓   申込書類費用(無料の場合も)、証明書費用(住民票、所得証明書など)

建築請負業者と契約

⇓   近隣への挨拶用手土産代、地鎮祭での神主さんへの謝礼

着工

⇓   着手金支払(30%)

上棟  上棟式費用(ご祝儀など)

⇓   中間金支払(30%)

建物完成

ローン契約

⇓   契約時諸費用、登記関連諸費用、火災保険

ローン実行

⇓   完了金(30%)※追加工事残金についても要確認

入居