ローン審査に落ちる原因は何ですか?

●マイナス情報は各金融機関で共有される

皆さんこんにちは、五十嵐です。

住宅ローンの審査は、

各金融機関が提携している保証会社で行われます。

 

この情報は各保証会社で共有されるので、

一度どこかで審査が否定されると、

そのまま信用情報として流通してしまいます。

そうなると、簡単に信用を回復することはできません。

 

最悪、このマイナス情報が原因で

ローンの審査が通らないこともあるでしょう。

勤続年数や収入などに問題がないのに審査で落ちたとすれば、

審査対象者の「経済的な信用度」が要因だと考えられます。

信用情報は、全国銀行協会、日本信用情報機構などで

調べられます。

 

わかるのは、所有しているクレジットカードの利用状況や

過去の借入、金融事故の記録など。

いずれも金融機関や住宅会社が照会できない個人情報なので、

調べる際には自分自身の意志で判断しなければいけません。

 

 

●クレジットの利用状況に注意!

審査に落ちる理由としては、

複数のクレジット会社から借入がある、借入が多額である、

クレジットカードを多数保有しているなど。

 

あるいは、過去にクレジットの支払いで遅延があった

ということも理由だと考えられます。

特にクレジットカードを多数保有している人は、

キャッシング枠に注意が必要です。

 

借入上限30万円のカードは、借入をしていなくても、

金融情報上は30万円借入している扱いとなり、

「カード枚数×キャッシング枠=借入額

 (例:3枚×30万円=90万円の借入)」

と計算されていることがあります。

 

金融機関はこういった審査基準を明確に公表していませんが、

ローンの担当者レベルでは常識です。

また、借入可能額は年収の5倍が目安と言われますが、実際には、

年収によって上限が異なる返済比率(年収に対する返済金額の割合)

で計算されます。

 

その他、勤務先や職業、勤続年数、転職の有無、家族の有無、

年齢、健康状態、担保物件などが審査されます。

ローン審査に臨む前には、以上の点を考慮した上で、

危ない部分をすべてクリアにしておきましょう。