広告の価格だけで家は建ちますか?

家の広告価格には統一基準がない

皆さんこんにちは、五十嵐です。

坪40万円。(地方ですと30万円だったりしますが。)

こんな住宅会社の広告をご覧になったことはないですか?

この金額から計算すると、例えば35坪の家を建てたい人は、

40万×35坪=1400万円

ということになります。

 

さて、この金額で建てた家というのは、どんなものでしょうか?

確かに家という「器」は建つかもしれません。

 

しかし、この家を実際に住めるものにするには、

さまざまなオプション工事が必要となってきます。

しかも、そのオプション工事には数百万円が必要であることを、

しっかり理解しておかなければなりません。

 

実は住宅の価格表示には、

「このようにしなければならない」という基準がありません。

表示額の中に工事代金をどこまで含めるかは、

住宅会社によってまちまちなのです。

 

 

契約前に必ず確認を!

広告に惹かれて1400万円で家を建てられると思って

見学会に行ったら、ポンと1000万円近く跳ね上がった金額が

提示されるという笑えない真実を知ることになるのです。

 

仮契約や契約前にすべてを知ることができればまだまし。

人の良さそうな営業マンに勧められ、

仮契約やプラン契約を結んでからこの事実を知らされるほうが

現実には多いのです。

 

最初にどんな価格表示がされていても、

その金額に惑わされてはいけません。

自分のこだわりをきちんと反映した上での

最終的な引き渡し価格を確認し、

その金額に納得してから契約すべきなのです。

 

広告の価格と引き渡し価格の差

広告の表示→坪40万円

もし、35坪の家を建てるなら、1400万円になるが・・・

①建物本体価格(1400万円)←この金額で判断してはいけない!

②オプション工事(500万円)

③外部給排水工事(90万円)

④仮設工事(70万円)

⑤カーテン・エアコン(70万円)

⑥居室照明器具(30万円)

⑦諸経費(240万円)


①+②+③+④+⑤+⑥+⑦=引き渡し価格2400万円 ※消費税別途