見学会でのチェックポイントは?

●モデルハウス・見学会ではどこを見る?

皆さんこんにちは、五十嵐です。

モデルハウスの展示物件は、その建築会社の建物の中でも

高いグレードの仕様でつくられているものがほとんど。

ですから、同じものを望むと、

予算はいくらあっても足りません。

 

モデルハウスで確認したいのは、実際の広さや仕様などです。

じっくりさわって、気になるところは遠慮せずに

質問しましょう。

 

また、機会があれば、現場見学会にも参加してみたいものです。

もし、引き渡し直前の現場を見学できたときには、

点検口を開けてもらい、床下をチェックしてください。

 

ここは、建築会社が見えない部分まで気を配っているか、

確認できる重要なポイントです。

引き渡し直前の住宅の床下が散らかっているようでは、

その会社の姿勢が知れるというもの。

 

見えない床下まで気を配っている会社なら、

他の部分でも同様の心配りをしてくれると想像できます。

このように、大切な家の建築を任せる住宅会社は、

デザイン力や技術力に加え、気配りまで行き届いたところを

選びたいものです。

 

 

モデルハウス見学時のチェックリスト

≪玄関≫

・収納は十分ある?

・バリアフリー対応?

・防犯対策は施されている?

・将来、スロープに変更可能?

 

≪リビング≫

・天井高は十分?

・計画と比べて実際の広さはどうか?

 

≪キッチン≫

・シンクの高さは身長に合っているか?

・設備はOK?(標準かオプションかを確認)

・キッチン~洗面所~浴室の動線は使いやすい?

・収納は十分ある?

 

≪寝室≫

・遮音性は大丈夫?(排水の音も要確認)

・収納は十分ある?

 

≪子ども部屋≫

・子どもの成長に応じたレイアウト変更は可能?

・遮音性は大丈夫?

 

≪浴室≫

・浴室全体の広さは希望通り?

・浴室の大きさは家族に対応している?

・バリアフリー対応?

・乾燥、暖房などの設備はどこまで必要?

・湿気対策は施されている?

 

≪トイレ≫

・家族の介護が必要になった場合、広さは十分?

・手すりの設置が可能な壁は?

・その場合、壁の強度は十分?

 

≪廊下・階段≫

・家族の介護が必要になった場合、広さは十分?

・壁に手すりを設置できる?

・その場合、壁の強度は十分?