土地を探すときは誰に頼るべき?

皆さんこんにちは、五十嵐です。

今日は土地探しのポイントについて、簡単に紹介します。

不動産業者を直接訪ねるより、

住宅会社を通して土地を探すことをおすすめしています。

 

もちろん不動産業者を訪ねてもいいのですが、

その際にはできるだけ建物にも詳しい、

経験豊富な業者を選ぶことが大切です。

 

不動産業者は、土地の売買のプロですから、

情報はたくさん持っているでしょう。

しかし、不動産業者にとっての良い土地と、

買い手にとっての良い土地が一致するとは限りません。

 

まず、不動産業者にとっての良い土地とは何か、

という点について考えてみましょう。

不動産業者が考える良い土地とは、やはり高い価格の土地です。

 

もちろん価格が高い方が仲介手数料が多く入るという

メリットがあるからです。

もちろん価格が高い土地は、立地条件や土地の形、

日当たりも良いので、良い家を建てるにはピッタリでしょう。

 

ただし、それが総予算に収まるものかどうかは、わかりません。

家を建てたい人にとって、好条件をそなえた土地を求めるのは

当然ですが、あくまでも無理のない予算内であることが大前提。

 

予算をよく考慮した上で、自分が建てたい家に合った土地を

探さなければいけません。

住宅会社に在籍する土地のプロも、

もちろん不動産業者から情報を収集します。

 

しかし、土地を吟味するのは建て主の目線であり、

その土地が建物を予算内でつくるのに適しているかどうか、

という見方をします。

 

同じ土地のプロでも目的が違いますから、

土地の判断基準にも大きな差が出るのです。

以上の点から、土地を選ぶときも、

住宅会社をパートナーとすべきだと言えるのです。

 

ただし、気を付けなくてはならないのは、

住宅会社がすすめてくる建築条件付きの土地です。

 

建築条件付きの土地の多くは、格安ではあるものの、

いくつかの制約が設定されています。

もちろん、なかには本当に条件の良い格安物件があるのも事実です。

建物だけで利益が出るので、

土地は利益なしで分譲している、という会社もあります。

都内は逆パターンが多いのですが。

 

しかし、自社の分譲地を売ることを第一に考えている業者も

ありますから、よく考えてから契約しましょう。

やはり一大事業となりますので、信頼できる地元の住宅会社

まずは相談することからですね。