家づくりの大きなポイントとは?

皆さんこんにちは、五十嵐です。

 

●家づくりの3つのポイント

前項で、家を建てると決めてから

引っ越しするまでの流れを紹介しました。

これを見ればわかる通り、家ができるまでには、

さまざまな問題を解決しなければいけません。

 

ポイントは3つ。

すなわち、

土地選び、建築計画、そしてローンの組み方を含めた資金計画です。

 

土地選びは、立地、道路との関係、

その土地にどんな建物を建てるのか(建てられるのか)など、

さまざまな条件を考慮に入れて行わなければなりません。

 

運良く良い土地が見つかったとしても、

その土地が本当に自分たちに合っているかどうか、

という点も見極める必要があるでしょう。

 

次は同時進行で建築計画。

これから建てる家には、

家族の願いと将来の生活がかかっていますから、

綿密なプランニングは欠かせません。

 

そして、3つのうちで最も大事なのは、

土地・建物購入の根幹に関わる資金計画です。

 

●資金計画は誰に相談する

資金計画の中心となる住宅ローンは、

種類がたくさんある上に、

金利の形式もさまざまです。

月々の適正な支払い額はどれくらいか、

どんなタイプのローンが自分たちに合っているのか、

など検討すべき項目は多々あります。

 

ところが、家族の生活を一生左右するかもしれない

大事な問題であるにもかかわらず、

金融機関からすすめられた商品を

そのまま契約してしまったという人は意外と多いのです。

これでは、「こんなはずじゃなかった!」と

後悔することにもなりかねません。

 

金融機関ごとに用意されている

特徴のあるローン商品を比較検討し、

その家庭にふさわしい商品を提案できる人、

あるいは、土地・建物の固有の事情を理解した上で、

適切なアドバイスができる人、

そういったプロフェッショナルが身近にいれば、

土地を選び、ローンを組み、家を建てる際に、

大きな失敗をすることはありません。

 

では、その条件を満たすプロは、どこにいるのでしょうか?

それは、多くの場合、住宅会社や工務店です。

残念ながら、すべての会社が

万全のサポート態勢であるとはいえませんが、

建築計画はもちろん、土地選び、

資金計画までを含めた総合的なアドバイスができるのは、

やはり住宅会社や工務店だと思います。

 

土地は不動産業者、建物は工務店、

ローンは金融機関と別々に探すのではなく、

トータルで相談にのってくれる

住宅会社や工務店をパートナーに選ぶことをおすすめします。