住宅ローン減税って何ですか?

皆さんこんにちは、五十嵐です。

 

〇住宅ローン使用者への優遇措置

住宅ローン減税は、建物やローンの条件が

一定の基準を満たしている人のための税金の優遇制度です。

年末の時点での住宅ローンの残高に応じて、

所得税の控除が受けられるしくみになっています。

 

この制度は、景気の状況などに応じて繰り返し改正され、

平成20年度までは縮小傾向にありましたが、

平成21年に景気浮揚策として大幅に見直され、

平成26年4月からの消費税率の引き上げにあわせて

大幅に拡充されました。

控除期間は10年間で、一般住宅で年末のローン残高の

1%が所得税から控除されます。

 

さらに所得税で控除しきれなかった分は

住民税から控除されます。

所得税の課税対象である総所得金額の

5%または、9万7500円が控除の上限となっています。

平成26年4月からスタートした制度では、

借入金などの年末残高の限度額が4000万円までと

大幅に拡充されています。

 

また、この住宅ローン減税が適用される最終期限は

平成29年12月31日までの入居となります。

(現在は延長されていますが。)

 

また、住宅が長期優良住宅であれば、

優遇はさらに高率になります。

平成29年末までに入居(住民票を移動)すれば、

控除対象借入限度額5000万円に対し、

1.0%の控除率となり、

500万円まで控除を受けることが可能です。

(令和元年10月予定の消費税10%では、

さらに控除が期待できますが)

 

 

〇入居後に必ず確定申告を

住宅ローン控除を受けるためには、

入居した翌年の3月15日までに

確定申告を行わなければいけません。

給与所得者は一度申告すれば

翌年からは年末調整で控除を受けることができます。

 

また、確定申告をしそびれてしまっても、

過去5年間はさかのぼって申請が可能です。

ただし、自営業などで事業所得があるにもかかわらず、

住宅ローンだけ申告しそびれた場合は

対象にならないので注意が必要です。