パートナーはどのように選べばいいですか?

パートナーは医師のようなもの?

皆さんこんにちは、五十嵐です。

家づくりを始めるとき、一体”何”から

始めればいいのかわからない、

という人は多いものです。

その”何”について、順を追ってわかりやすく、

しかも複数の選択肢を提供しながら説明・

提案していくのがパートナーの役割です。

 

家づくりにおけるパートナーとの関係は、

「医師」と「患者」の関係に似ています。

例えば、原因はわからないけれどお腹が痛いとします。

その場合、まずは病院へ行き、

問診票を記入するでしょう。

次に、その問診票をもとに診察を受けます。

 

診察では、どこが痛いのか、いつから痛いのか、

どのように痛いのかなど、症状について

医師から具体的に質問を受けます。

患者としては、一体どんな病気なのか不安になりますが、

医師は質問したり、お腹を触ったりして

病気を特定し、適切な治療方法を提案してくれます。

 

家づくりも、これと同じです。

「何から始めたらいいのでしょうか?」という質問に、

この家はいくらで、こんな仕様で、こんなつくりなんです

と建物の説明ばかりされても、それは質問の答えに

なっていません。

 

また、ローンを組むにしても、ただ、

「あなたは〇〇〇〇万円まで借入できますよ」と

言われても、返済できるかどうか、不安になるのは

当然です。

 

 

パートナーを判断する基準とは

建物を売ることだけを目的にするのは

良いパートナーではありません。

その家族に一番合った方法を導くために、

同じ歩幅、同じ速度で歩み、一緒に不安を

解消していくのが、望ましいパートナーのありかたです。

 

パートナーのポイントを具体的に挙げれば、

次のようになるでしょう。

・建物を売ればそれでいいと考えていない

・準備段階から親身に相談に乗ってくれる

・要望を積極的に聞こうとしてくれる

・建て主の悩みを自分の痛みとして感じてくれる

 

良いパートナーを選ぶことは、

家づくりを成功させる最初の一歩となるのです。