注文住宅のメリット、デメリットは?

皆さんこんにちは、五十嵐です。

 

今日は、さまざまな住居スタイルについて、

その特徴を考えてみたいと思います。

 

●住空間を自由にデザインできる

まずは、注文住宅です。

注文住宅の魅力は、何といっても、

自由に住まいをデザインできることでしょう。

自分の好きなように、暮らしやすいように、

すべてを決めることができるのです。

 

家づくりを進めるなかで、

トータルの雰囲気やデザイン、

設計、設備、建材、工法に至るまで、

建てたい家のイメージに合ったものを選び、

その上で家族にとって最高に居心地の良い

空間がつくれるのです。

あれこれ夢を膨らませることができるという意味では、

計画段階が一番楽しい時間なのかもしれません。

 

着工後は、家が次第にできていく過程が楽しめます。

地鎮祭や上棟式など、住宅を建てるときならではの

伝統的な祭事も経験できます。

建築の工程を基礎から見られるというのは、

なかなかできない体験です。

ここで作業工程をよく確認しておけば、

その後の暮らしの安心にもつながるでしょう。

 

●のしかかる大きな自己責任

注文住宅はメリットばかりではありません。

まったくのゼロからつくっていくために、

住みやすいかどうかは、すべて完成するまでわかりません。

設計などはプロの目からアドバイスをしれくれますが、

基本的に、家は建て主の要望通りにつくられていきます。

 

要望を最大限に生かす形で設計されるわけですから、

住み心地や使い勝手の面で不都合が生じれば、

その責任はすべて建て主にあります。

 

例えば、日当たりを考慮して窓を多めにすれば、

背の高い家具の配置に困るかもしれません。

満足度の高い家にするためには、

建て主自身の細かい配慮が必要なのです。

 

●当初の予算内に収める

すべての要望がかなえられれば

それにこしたことはありませんが、

予算には限りがあります。

資金を潤沢に用意できない場合もあるでしょう。

一生に一度のことだからと無理をすると、

結局、ローンの金額がかさんでしまい、

返済のリスクが発生します。

 

最初に立てた予算を守らないと、

後々の生活を圧迫することになるでしょう。

また、長い間住んでいれば、家は当然傷みます。

その際、修繕の資金繰りやスケジュール管理も

自分たちで考えなければなりません。

自由度に比例した自己責任を

覚悟しなければならないのが、注文住宅なのです。

 

まずは、資金計画をきちんとしてからですね。