賃貸と購入、どっちが得?【支出編】

皆さんこんにちは、五十嵐です。

 

賃貸/購入は人生を左右する決断です。

 

住まいの問題を考えるとき、

最初に考えておかなければならないのが、

賃貸で暮らすか、自分の家を持つかということです。

 

「賃貸」を選べば、死ぬまで家賃を払い続けることになり、

老後まで住まいの問題に悩まされます。

一方、「購入」の場合は、その心配はありませんが、

逆に長期の住宅ローンを抱えなければいけません。

 

ですから、賃貸か購入かの選択は、

人生を左右する「大切な決断」だと言えます。

そこでまずは、賃貸と購入、どちらが得なのか、

「お金」の面から比較をしてみましょう。

 

●違いが出るのはローン返済後

購入の場合は、はじめに何百万円かの諸経費がかかります。

賃貸では、一定の期間ごとに更新料がかかり、

引っ越す場合は引っ越し費用(それに伴う敷金、礼金、仲介料など)

が必要です。

 

一方、購入では建物の修繕費やリフォーム費用がかかります。

しかし、いずれにせよ、支出自体に大きな違いはありません。

ところが、差が出るのは購入でローンが返済された後です。

 

返済が終われば、支出はストップ。

それまでは賃貸派の支出のほうが少なくなっていますが、

ここから「逆転」が始まるのです。

 

どちらが有利なのかは、一概にはいえません。

単純に支出の総額で判断するのではなく、

住まいに何を求めるのかという視点からも検討すべきです。

一緒に住む家族と、将来の暮らし方まで含めて

話し合う必要があるでしょう。

 

そして、購入を選べば、資金計画をして

安心・安全を確認することになります。