豪雨や落雷による住宅被害も火災保険で補償できます!

こんにちは。磯貝です。

 

ご契約内容にもよりますが、火災保険って色々なものが補償される万能な保険なんです。

ご加入時に、家財も補償の対象として指定しておけば、万が一のときも安心です。

 

 

 

 

 

 

『火災の被害だけじゃないの!?』

と思っている方も多いと思いますが、

台風や竜巻、豪雨、大雨などによって引き起こされる土砂被害などの

自然災害による被害も、実は補償の対象になります。

 

火災保険では何が補償されるのか。

名前からも分かるように、『火災』ですよね。

失火によるものはもちろん、放火や隣家で起きた火事の火が燃え移った

もらい火などによる火災被害全般が補償の対象となります。

ガス関連の事故で生じた被害、スプレー缶の破裂による事故なども補償されます。

 

意外と知られていないのが、自然災害による被害です。

風や雪、雹(ひょう)ですが、これらは全て補償対象になります。

ただし霰(あられ)による被害は対象外となります。

※雹は直系5mm以上、霰は直系5mm未満の氷の粒を指します。

 

また、落雷による被害も補償されます。

ただし、家財が補償対象となっている場合でも、

例えばパソコンの場合、本体は補償されても、

中のデータは対象外となるケースもあるので注意が必要です。

 

今年も豪雨や大雨が頻発して全国に甚大な被害をもたらしましたが、

その際に引き起こされる洪水や土砂崩れによる住宅被害も補償対象となります。

※水災の場合は補償に一定の基準が設けられていることが多いので確認が必要です。

 

最近では、保険会社各社とも、補償内容を選べる商品を取り扱っています。

費用を見ながら必要なものだけを選べますので、

生活スタイルに合った保険に入ることができますね。

 

 

 

 

 

今の時代、いつどんな自然災害が発生するかわかりません。

「そろそろ外壁塗装や屋根のメンテナンスが必要かも・・・」と思ったら、

火災(地震)保険の見直しをしてみませんか?

 

そのためには、プロの見積もり等が必要になりますので、

アイホームズのノウハウで、築10年以上のリフォーム費用が、

30%以上削減できるかも。

 

実際にOB様の方々から、火災・地震保険の更新を控え、

保険の見直しをしたいとのご相談を頂きます。

弊社提携先の保険会社から見積もりを取り、

比較検討して頂いておりますが、

ほとんどの方が節約・削減されております。

 

ご検討、お見積りをご希望の方には、

弊社提携先をご紹介させて頂きますので、

お気軽にご相談くださいね♪