「土地を先に買ってはいけません!」

こんにちは。磯貝です(^^)

 

お土地から探されて家づくりを考えられている方がまず思うこと。

それは、

「新築一戸建てと分譲マンションと賃貸マンション、どれがいいの?」

ということではないでしょうか。

でも、「これが一番いいです!」

という正解はありません。

なぜなら、ご家族の形態や、環境、ライフスタイルによって

みなさん違うからです。

 

まずは、家づくりに何を求めるのか。

優先順位をどこに置くのか。

ご家族でよ~く話し合ってくださいね。

 

多くの方にとって、住宅購入は一生に一度あるかないかの

もっとも大きいお買い物ですよね。

絶対に後悔のないようにするには、

何に気をつけなければならないのでしょうか。

 

① まずは、将来を見越したライフプラン、資金計画(ファイナンシャルプラン)を立て、

家づくりにかかる全てのお金(予算)を知るということ。

② 土地と建物を同時に提案してもらうこと。

③ それから、土地探しです!

 

 

 

 

 

 

 

『こんな物件、もう出てこないですよ!!』

『次の方が待っているので早く決めてほしいのですが・・・』

そんな不動産業者の言葉で、念願の土地を購入し、

ルンルン気分で来社されたA様夫妻。

『どこで建てようか検討中なので見積もりをお願いします』

とのことでした。

そこで分かったこと。

お土地をローンで購入しているため、オーバーローンになってしまい、

建物の住宅ローンを設定できません(>_<)

自己資金のないこのご夫婦は、更地のこの土地のローンを減らしていくしかありません。

他にも、土地を買ったけど、法的な制限で希望の間取りが取れないという

お客様もいらっしゃいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんでこんなことが起こってしまうのでしょうか。

それは、始めの一歩が間違っていたからです。

土地だけ先に買ってはいけません!

土地と建物は同時に検討するべきなんです。

 

まずは家族会議。

そして、土地を購入する前には必ず「資金計画」をして下さいね(^^♪