「安くて良い家」ってどんな家?

こんにちは。五十嵐です。

 

「安い」と「低価格」はイコールではありません!

家を建てるとき、目指すべきは「安くて良い家」です。

しかし、ご承知のとおり、家は安ければ良いというわけではありません。

「良い家」でなければいけないのです。

できることなら、両方を兼ね備えた「安くて良い家」が一番ですよね。

 

では、「安くて良い家」とは、一体どんな家のことなのでしょうか。

感覚的にはわかっても、具体的にどういうものかは分かりづらいと思います。

 

私が考える「安くて」とは、『お客さまの無理のないご予算で』

「良い家」とは、『お悩みを解決し、安心・安全に暮らせる家』

のことです。

 

お客さまが家をつくりたいとおっしゃるのは、

本質的に「建物を建てたい」と言っているのとは違います。

家はあくまでも「いれもの」であり、中にあるものこそが大事なのです。

 

私たちは「家」や「もの」を売っているのではありません。

お客さまが理想とするライフスタイルを実現させ、

笑顔で幸せに暮らせる時間を売っているのです。

 

安すぎる価格では、品質の保証が怪しくなります。

また、高すぎる価格は、その後の暮らしを圧迫し、

生活から自由や笑顔を奪ってしまうかもしれません。

 

私は、一度売ったものは、できるだけ長い期間、

フォローさせていただきたいと願っています。

そのためにも適正な利益を上げて、

それを安定させていきたいと考えています。

 

私どもでは、お客さまに、無理のないご予算を知っていただくため、

指標を作っていただくために、まず始めに資金計画をさせていただきます。

間取りやプランの打合せからスタートされる方が多いと思いますが、

まずは正しい家づくりの順番を知っていただき、絶対に失敗しない方法をお伝えします。

 

そして、その資金計画を基準としていただければ、

きっとあなた様の家づくりは成功いたします。