リフォーム相談、訪問販売関連のトラブルが急増!

こんにちは。中原です。

 

住宅リフォーム・紛争処理支援センターが、平成28年10月20日に「住宅相談統計年報2016」

を発表しました。

 

「平成27年度の電話による相談件数は28,638件。前年度比9.6%となった。

このうち新築は、18,786件で、同11.6%増となっている。

一方、リフォームに関する相談は同5.9%増の9,852件となり、

不具合が生じている相談が4,685件となった。

戸建住宅では「雨漏り」が最も多く、共同住宅等では「変形」が最も多い。

 

リフォームに関する相談のうち、訪問販売のトラブルは673件で同16.8%増となり、

前年度から大きく増加している。

訪問販売のトラブルの相談件数は、平成24年度の334件から平成25年度が519件、

平成26年度が576件、平成27年度が673件と年々増加傾向にある。

 

また、60歳以上の相談者が43.1%を占めており、

未だに高齢者を対象としたトラブルが増加傾向にある。

リフォーム市場の健全な成長に向けて大きな課題となっている。」

 

((公財)住宅リフォーム・紛争処理支援センターの統計年報より)

 

 

弊社の施工エリアでもある城東エリア、特に下町ではこういった訪問販売が未だに多く、

お客様からこういった話を聞く事も少なくありません。

では、どうしたらしつこい訪問営業マンを虐待できるのでしょうか・・・

そうです!

こう言ってみて下さい!

『親戚に工務店の者がおりますので』

『兄(弟)が工務店に勤めているので』

ウソでもいいんです!

工務店と聞くと、たいていの訪問販売業者は退散しますから!(^^)!