「遺言書を書くと相続税が安くなりますよ」

去年の1月から「相続税」のしくみがわかり、相続税を払うご家庭と

払う金額が増えたのはご存知の方も多いと思います。

 

また、このコラムのコーナーで何度もお伝えしてきた

「存続対策として遺言書を書いておきましょう」という

メッセージも多くの方はどこかで聞いたことはあるかと思います。

 

ですが、我々は人間です(笑)

「面倒くさい」「やる気が起きない」「後に回そう」

という気持ちが働きます。

目の前に迫ったことではないことに対して、人のやる気が起きないのです。

 

その結果、遺言書などの相続が準備が整う前に、

「急に」「ぽっくり」亡くなってしまったりして、残された人たちが途方に暮れたり、

争いあって仲の良かった家族が口もきかない関係になってしまったりするのです。

 

今回、自民党が準備している『遺言控除』という制度。

簡単に言うと、

「遺言書を書いておけば相続税安くしますよ!」

という仕組み。

これなかモチベーション湧きますよね(笑)

 

※まだ制度化されていません。ご注意ください。

でも、遺言書はできるだけ早めに準備された方がいいですよ。