住宅の寿命

皆さん、日本の住宅の寿命が短いという話はよく聞かれると思います。

日本の住宅は26年とか聞いたことありませんか?

 

あれはどんな算式で算出されているかご存知でしょうか?

実は、住宅が建っている数を、新築の棟数(実際は年間の着工棟数)で割った数なのです。

以前は、4,000万棟前後だったときに年間の着工棟数が150万棟ぐらいだったときの名残なんです。

4,000÷150=26年 というわけです。

 

今現在は、5,000万棟のストックで、年間90万棟ぐらいですので・・・

5,000÷90=55年

 

もう、アメリカを抜いています。

ということで、日本の住宅の寿命は延びたのでした。

 

しかし、実際は何年なんですかねぇ、日本の住宅の寿命は。

さすがに、今の家は30年は持つでしょうね。