「信頼」

「信頼」という言葉を辞書で引くと、

「信じて頼りにすること」または、「頼りになると信じること」とあります

信じる、信じられるという思いは、簡単に生まれるものではありません。

お客さまが会社に寄せる信頼も、商品の品質や誠実なサービスの積み重ねがあって、

初めて培われるものですよね。

この、お客さまとの一つ一つの小さな接点が、

『頼りになるなぁ』という安心になり、

『信じてみよう』につながるのではないでしょうか。

 

信頼とは、根拠もなく「信じて下さい!」と要請して得られるものではありません。

まずは、人には多様な価値観があることを学び、相手が求めているものを敏感に察知する。

そして、自分の利益だけでなく、相手の立場を真剣に考え、行動する。

こんな姿勢が仕事はもちろん、人生のあらゆる場面であなたを「頼れる存在」にしてくれます。

 

これが「信頼」を確実に獲得する道への第一歩となるはずと私は信じています。