仕事のその先、見えてますか?

営業職や接客業に限らず、全ての仕事の向う側には必ず「お客様」が存在します。

内容によっては、お客様との間に大きな隔たりがあるかもしれませんね。

でも、あなた様の仕事のエンドユーザーは確実に存在していて、

仕事とはその先にいる“誰か”を意識して取り組むべきだと思っています。

 

私は、まずお客様の顔を思い浮かべます。

そうすると仕事への姿勢が確実に変わります。

それは、お客様を通じて仕事の結果を意識することで手抜きができなくなるからです。

 

「どうせ誰がやったか分からないし」という思いでこなす仕事は、いい加減な結果にしかなりません。

どんな仕事でも、その先にいる誰かを想像することができれば、意識が高まります。

 

顧客満足度100%を目指すためには、どうしたら喜んでもらえるかということを、

自分に置き換えて考えてみて、具体的に想像することが大切です。

それがプラスαの気配りとなって特別なものにしてくれるはずだと思っています。

 

私も、私の仕事の先にいる誰か・・・

お客様のために、匿名ではない私だけの仕事をしていきたいと思っています。