突然ですがクイズです!

「50年以上前の家にはまったくなくて、30年くらい前の家にはたいていあって、

最近の家にはまたなくなってきているもの、なーんだ?」

 

正解は・・・「ガレージ」です!

ガレージの歴史を見てみると、マイカー時代がドドッとやってきた昭和の後半、

「ピカピカの車は家の宝物」という位置付けだったため、シャッター付きのガレージに

しっかりとしまっていたものでしたよね。

家を建てるときも、まずは鉄筋コンクリートの立派なガレージをつくってから、住居を付け加える・・・

そんな感覚だったのだとか。

 

でも今はどうでしょう?

がっちりとしたガレージはおろか、カーポートさえなくなり、ただのパーキングスペースが

玄関前にあるだけのオープン外構が多くなりました。

開放感たっぷりのオープン外構は敷地いっぱいに使える上、外部とのはっきりした境目がなく、

駐車の苦手な人にはオススメです。

 

車の塗装もよくなったし、がっちりとしたガレージをつくると結構な費用がかかるし、

駐車していない時はただの空き箱になってしまうし・・・。

これからの時代、ガレージは消えてしまうんでしょうか?

 

車好きの人なら、雨ざらしだとせっかく洗車しても汚れちゃうし、鳥のフンとか降ってきそうだし、

大切な車にいたずらされたら嫌だし・・・ということでガレージ派の人もいると思います。

ガレージについては、車に対する思い入れによっても、つくり方が変わってくるかもしれませんね。