火災保険が変更

家を建てたら火災保険を掛けます。

この火災保険が、平成27年10月から一部変更になります。

家を建てる人にとって、大きく影響するのが保険期間です。

現在は、最長36年分の保険料を、最初に全額支払う一括契約が出来ます。

これが最長10年契約になるのです。

 

別に10年毎に契約を更新していけばいい・・・

というだけと思いますよね。

それはそうなのですが、皆さんが支払う保険料がかなり変わり、負担が増えるのです。

 

例えば、

30年一括契約で50万円の火災保険があったとします。

同じ補償内容で10年契約になると、20万円程になります。

10年契約を3回繰り返すとして約60万円になるので、

約10万円負担が増えることになります。

 

それだけではありません。

途中で保険料の値上げがあった場合、

更新時には、値上げされた保険料になるので、更に負担が増えることになります。

 

家を建てる人や買う人、保険の見直しを検討をされている人は、

今年の9月末までがひとつのポイントになります。