節電の夏

まもなく本格的な夏が始まりますね。

世間では節電の話題で盛り上がっています。

そんな時なので、節電対策を少しお伝えします。

 

まず、テレビです。

テレビのニュースでは、視聴率が落ちるのを警戒してテレビを観ないようにしましょうとは言いません。

テレビも省電力化が進んでいますが、電力消費量はまだまだ大きいのです。

なので、昼間はテレビを観ずラジオで過ごす。というのもいいかも知れません。

 

次に、冷蔵庫です。

冷蔵庫の設定温度を下げても、大きな影響はありません。

冷蔵庫は、詰め込み過ぎると冷蔵効果が悪くなり、電力を使ってしまいます。

こまめに買い物に行き、冷蔵庫の中に余裕をもたせることが節電になります。

 

こまめな買い物は面倒! と思われる方は、考え方を変え、昼間の暑いときに、

スーパーに涼みに行くと思えば苦にならないと思います。

 

しかし、昼間の電力に関しての節電は、太陽光発電に勝てるものはありません。

自分で使う電気は自分で作るので、最高の節電なのです。

 

これから家づくりをされる方は、水廻り等にこだわるよりは、

太陽光発電や断熱性能を高めることにお金を掛けた方がいいでしょう。

太陽光発電等の普及が進むにつれ、電気代も上昇していく仕組みになっています。

 

電気代をできるだけ払わなくすることを考えてみてはいかがでしょうか?