想像力と創造力

こんにちは、五十嵐です。

 

皆さんは、

「想像」と「創造」

この意味の違いはご存知でしょうか。

 

「想像」は、実際には経験していない事柄などを推し量ること。

「創造」は、それまでなかったものを初めてつくり出すこと。

ふたつの意味をあらためて見ると、想像力があって、初めて創造力が発揮されることが分かります。

 

創造力というと、類いまれな天才が、生まれつき持つ能力と思われがちですが、

決してそうではありません。

事実、一流の作家や音楽家、あるいは発明家たちが、

「先人たちに多大な影響を受けて今の自分がある」

という発言をしているのをよく聞きます。

「あの人のようになりたい」と想像力を膨らませて夢を描き努力を重ね、

それまでになかったものを生み出すことができるのです。

 

何もないゼロの状態から、新たなものが生まれることはありません。

皆さんも想像の翼を広げて、創造力を養って下さい。

そして、仕事や人生に大いに生かしてみてはいかがでしょうか。