『人生の格言』

近くを見るから船酔いする。

100キロ先を見てれば、景色は絶対にぶれない。     孫 正義

 

ソフトバンクグループの創業者。

積極的なM&A(企業の合併や買収)を繰り広げていますね。

ニュースから伝わってくる情報だけを見ていると、ビジネスのためなら非情な決断も

辞さないドライなイメージがありますが、実際は非常に人間味に溢れ、夢や理想を

大切にする人物のようです。

 

この格言も、逆境に負けないために、ビジョンをしっかり持つことの大切さを語ったものです。

坂本龍馬に憧れ、脱藩した龍馬のごとく、彼も高校を中退し渡米。

現地の大学を卒業後、数十年先までのビジョンを持って起業し、

ソフトバンクを巨大IT企業へと育て上げました。

 

彼はこう語っています。

「夢を描くことは、人生の大切なビジョンとなります。

まずは目先の現実を踏まえてからという人ほど、現実の世界から逃れられない場合が多い。

自分の夢を、自分の人生のビジョンを志高く持つべきなんです。」

 

さて、あなたの100キロメートル先には何が見えますか?