お客様とのヒミツの会話

Q 消費税がこの4月から8%になりましたね。

その後10%になるのですが、いつからかご存知ですか?

 

A 知りません。

 

Q 来年(平成27年)の10月1日からです。

消費税は、今後下がる可能性はありますかね。

 

A ないでしょうねぇ。

 

Q では少なくともモノを買うのは早い方が良いということですね。

ところで、消費税は上がってしまいますが、ローン減税は拡充されますね。

○○さんは恩恵を受けませんか?

 

A 分からないですね。

 

Q 借入れが2500万円以上の人であれば、恩恵を受ける可能性が髙いですよ。

 

A エッ、そうなの?

 

Q 例えば、3000万円の借入れで、年収500万円。4人家族の場合だと、消費税の負担増が

2000万円の住宅として60万円。ローン減税で還付される税金は、10年間で約80万円増えます。

むしろメリットの方が大きくなります。9月までに焦って契約しなくて良かったですね。

 

A 本当ですね。

 

Q 消費税以外で経済的なことで気になることはありませんか?

 

A 金利は上がりそうですね。

 

Q そうですね。アベノミクスでインフレ率を2%としていますから、少なくとも金利は2%以上に

なるでしょうね。

借入れが3000万円、35年返済の時に金利が1%上がると、返済額はいくら増えると思いますか?

 

A いくらだろう。100万円くらいですか?

 

Q 約600万円増えます。

 

A え~っ! そんなに増えるの?

 

Q 金利以外で気になることはありませんか?

 

A 何かありますか?

 

Q 最近の円安で輸入品の値段が高くなってますね。実は住宅も構造材の76%が輸入品なんです。

 

A えっ。そうなの。

 

Q はい。ですから、この1年で材料費は約20%高くなっています。

材料だけでなく、職人の手間賃も上がっています。なぜだと思いますか?

 

A 東日本大震災の復興特需ですか?

 

Q その通りです。さらには、6年後の東京オリンピックが決まりましたから、鉄筋やコンクリートに

関わる職人は益々不足していきます。

職人の数は、1985年の約80万人が2010年には約40万人と半分です。

ですから、各地で職人不足と、それによる労務費の値上げが起こっています。

今後6年間は厳しい状況が続くでしょう。

○○さんの住宅計画は、6年後まで待つことができますか?

 

A それは無理ですね~。

 

Q では、ローン減税、金利、材料費など、総合的に考えるといつ建てるのが良いでしょう。

 

A それは、早い方がいいね。

 

Q 私もそう思います。ローン減税が拡充されて、金利が上昇する前の今は絶好のタイミングです。

計画を進めましょう!