「契約は慎重に」

家づくりのトラブルで一番多いのが、やはり契約にかかわることですね。

最近の住宅営業マンの中には、ほとんど間取りも決まっていないのに契約を勧める人がいます。

「まずご契約をしていただいて、その上でゆっくり図面を決めましょう」

「申し込みだけ済ませてください」

こういった場合でも、最初の契約が有効となることがあります。

 

その後、家づくりがスムーズに進めばそれでいいのですが、

後になって「こんなはずじゃなかった」ということも少なくないのです。

 

ここでヒント。

「契約は、図面や、金額が決まってからにしましょう」

うっかり印鑑を押してしまって、あとから「しまった!」では遅すぎます。

 

営業マンや会社のことをしっかり知って、自分の建てたい家が建てられる、

そんな自信がついてから契約しましょう。

 

ただ、なんでも疑心暗鬼になる必要はありません。

また、それでは家づくりが苦痛になってしまいます。

 

信用できる相手は必ず見つかります。

楽しみながら、自分のために一生懸命になってくれる相手を見つけましょう。

 

家づくりを成功させるために一番大切なことは、

自分のために親身になって動いてくれる会社や営業マンを見つけることなのかもしれませんね。